建物の寿命を高める防水施工方法

建物の寿命を高める防水施工方法は、これらが挙げられます。

  • アスファルト防水
  • アスファルトルーフィング材に融解したアスファルトを使い、
    アスファルトルーフィングを積み重ねて防水層を作る防水工法です。
    水密性や耐久性が非常に高く、施工の不具合が出にくい工法です。
    17~30年程と、防水方法の中では1番寿命が長いという大きな利点があります。
    アスファルトルーフィングを張り重ねて作るので、
    狭い空間や凹凸が激しい空間の防水工事には不向きです。

  • 塩化ビニル系シート防水
  • 塩化ビニル樹脂系のシート材で構成する防水工法であり、
    接着工法と機械的固定工法の2つの方法があります。
    紫外線や熱に対して、大変耐久性が高い防水工法です。

  • ウレタン防水
  • 液体のウレタン樹脂を塗布し、
    硬化させる事によりゴム状の弾性防水層を作る防水工法です。
    密着工法と通気緩衝工法の、2つの工法があります。

  • FRP防水
  • 線維強化プラスチック防水の略称であり、
    ガラス繊維などの補強材にポリエステル樹脂を塗布し、
    防水層を作る工法です。
    耐衝撃性と耐水性に富んでおり、成形性に優れているので
    細かい部位に最適な防水工法です。
    しかし、素材が硬すぎるので、地震などの大きな動きが
    あった場合は割れてしまう事もあります。

  • 合成ゴム系シート防水
  • 合成ゴム系のシート材1枚で作られた防水層で、
    防水効果を発揮する防水工法です。
    接着工法と機械的固定工法の、2つの工法があります。
    動きに対して追従性が非常に良いので、地震等が起きても安心です。
    しかし、1枚の防水層なので薄いという部分が損傷を受けやすく、
    鳥等の影響を受けやすいのが難点です。

このように、防水工法は選ぶ工法により効果が様々です。
部位により適した工法を選択しなければ、
簡単に雨漏りを起こしてしまう事があります。
シート系の防水の方が耐久性が高いので、
広い部位にはアスファルトやシート系が適しています。
また、狭い部位には液体を使って塗膜を作る塗膜系が適しています。

防水工事は1度行うと安心にも思えますが、他の施工部位と同様に寿命があります。
10年以上経ったら、定期的に点検をして不具合を補修するようにし、
建物を雨水等からしっかり守るようにしましょう。

定期的な点検は防水専門業者へお願いするようにしましょう。

建物をしっかり守るためには、このように雨水を
遮断する事はとても大事な事となります。
徹底的に雨水から建物を守り、
建物の寿命を高める努力をしましょう。

この投稿は2016年7月21日に公開されました。

こんなリフォームは絶対にしてはいけない【内装リフォームの失敗談2】

想像以上に内装が白っぽい


材料を選ぶ際に小さい見本帳で選ぶために、
実際選んだ内装材を張ると明るい色合いに見えてしまう事があります。
この現象は「面積効果」という現象であり、
同じ色でも小さな大きさで見るのと大きな大きさで見るのとは色の違いを感じ、
大きな大きさで見ると薄い色合いに感じてしまうという事です。
仕方のない事なのですが、内装のイメージが
変わってしまったと、嘆く方もいらっしゃいます。
内装の色合いを理想的に近づける為には、
見本帳である程度決めたら大きなサンプルで確認する事です。
少しでも大きなサンプルで確認する事で、
より現実の色合いに近くさせる事が出来ます。

新しくリフォームをした部分だけ浮いてしまう


内装のリフォームは、リフォームを行った場所と
行っていない場所が隣り合ってしまう場合、
新しくなった部分のみが浮いて見えてしまう事があります。
部分的にリフォームをする場合は、
お部屋全体のバランスがとれるように材料を選んだり
リフォームを行うようにしましょう。
部分的にリフォームする材料をリフォームしない部分に
照らし合わせて確認したりなど、出来るだけ色合いや質感が
馴染むような材料を選ぶ事が大事となります。

この投稿は2017年3月30日に公開されました。

こんなリフォームは絶対にしてはいけない【内装リフォームの失敗談】

多くの費用を掛けて手厚く行ったつもりの内装リフォームでも、
残念ながら失敗に終わってしまう事もあります。
内装のリフォームというのは想像以上に難しく、
100%満足できる形となるのは難しい工事とも言えます。
そこで、どのような内装工事の失敗談があるのか、
代表的な事例をご紹介致します。

水回りの床にフローリングを採用した事での失敗


水回りにも一般のお部屋のようにフローリングを採用したく、
強引に採用してしまったために不具合を起こしたというパターンです。
一般的なフローリングは合板と接着剤で成り立っている材料ですので、
水が付着すると合反応能力が劣ってしまい劣化してしまいます。
キッチンやトイレ、洗面所は水を多く使う場所であり、
水をこぼしたり湿気によりフローリングに大きな影響を与えてしまいます。
水回りにはフロリーリングは不適合であり、
クッションフロアやフロアタイルがオススメです。
どうしてもフローリングを採用したい場合は、
水回り用のフローリングを採用する事がオススメです。
出来れば、水回りに適した材料(クッションフロア等)を
採用する事をオススメします。

窓廻りのビニールクロスが剥がれる


窓廻りは湿気が多く発生してしまう部分ですので、
窓枠の四方を回さずに三方のみをビニールクロスで巻き込みをしてしまうと、
湿気の影響で剥がれてしまう事があります。
ハウスメーカー等は窓廻りに窓枠を設置せずビニールクロスで窓廻りを巻き込んでしまう為、
少しの湿気により簡単に窓廻りのビニールクロスが剥がれてしまいます。
ビニールクロスの張替えのリフォームの場合、窓廻りには四方に窓枠を回す様にしましょう。
湿気の多いお宅は、窓廻りの不具合に対して何度ビニールクロスを張り替えても、
窓枠が設置されていなければ同じ事がずっと起きてしまいます。

この投稿は2017年3月15日に公開されました。

使いやすい収納に生まれ変わらせる押し入れのリフォーム2

  • 収納の中にも内装のリフォームを
  • 従来の押し入れの場合、床はシナベニヤ仕上げ、
    壁や天井はプラスターボード仕上げとなっている内装の場合が大半です。
    近年の収納の中は内装もきちんとされているので、
    押し入れ中の内装工事をするだけでも一味違う
    内装空間を発揮させる事が出来ます。
    近年の収納の床はフローリング仕上げとなっている場合が大半ですので、
    押し入れのリフォームの際はフローリング柄の
    クッションフロアを採用すると良いでしょう。
    また、壁はビニールクロス張りとし、
    明るめの色合いにすると収納の中が明るく
    清潔感あふれる状態とする事が出来ます。
    無地のビニールクロスを採用する場合がほとんどですが、
    柄物を採用される方も多くいらっしゃいます。

  • 収納の扉のリフォーム
  • 押入れの扉は、ふすま紙仕上げになっている事が大半です。
    ふすま紙仕上げは、いかにも押入れという雰囲気をかもしだし、
    古臭さを感じてしまいます。
    1番手っ取り早い押入れの扉のリフォームは、
    現在のふすま紙状態をビニールクロスを張りに変える事です。
    ビニールクロス張りに変える事で、簡単に
    洋風空間を演出してくれますので、オススメです。
    費用に余裕がある場合は、建具自体を新規に入れ替えると
    イメージがグッと変わります。
    現代の収納の扉といえば折り戸ですので、現在の扉の
    スペースに合わせて建具屋さんで折り戸を作成し取り付けます。
    折り戸になるだけで、現代的のクローゼットの雰囲気をかもし出します。
    折り戸は4枚戸で製作に大きな費用がかかってしまいますので、
    そこまでの費用を掛けたくない場合は、
    木目のフラッシュ戸の引違にするだけでも、
    大きく見た目を変える事が出来ます。
    年齢を増した方が使うのであれば、
    折り戸ですと開けた際に扉の出っ張りが
    邪魔になってしまう事がありますので、
    引違戸にする事をオススメします。
    また、扉の開け閉めに大事な取手ですが、
    小さく引っ掛ける形状の取手ではなく、
    大きめの取手を採用する事をオススメします。

  • 押入れの中に湿気が酷い場合のリフォーム
  • 押入れは日当たりの悪い場所に設置されている事が多く、
    使い続けているうちに湿気がこもってしまい、
    カビなどの悩みとなってしまう場合が多くあります。
    押入れの湿不具合は、押し入れの中の空気の流れが良くない事が
    原因ですので、押し入れの中の空気の流れを
    良くさせるリフォームを行うようにしましょう。
    すのこを用いて床壁天井に張り付け、すのこの足の部分が
    空間となる事で空気の流れを作る事が出来ます。
    これで荷物をギッシリ入れても空気の流れを作る事が出来るので、
    湿気に悩まない収納とする事が出来ます。
    重度のカビでどうしようもない場合は、
    これにプラス手時スターフードを取り付けて
    更なる空気の循環を高めます。
    レジスターフードを取り付ける事で寒さと暑さを流れ入れてしまいますが、
    空気の流通を高めるためにはやむを得ない方法となります。

このように、今は使いにくい押入れも、
使いやすく見た目も良い空間へと生まれ変わらせる事が出来ます。
収納が使いやすくなる事でお部屋の収納力が上がり、
お部屋の中をスッキリさせる事に繋げる事が出来ます。
収納というのはお部屋の中で盲点になりがちですが、
収納の存在次第で快適な生活に大きな差も発生します。
収納を見直して、すっきり快適空間へと導きましょう。

この投稿は2017年3月4日に公開されました。

使いやすい収納に生まれ変わらせる押し入れのリフォーム

一昔前の家といえば、収納は押入れが大半でした。
お布団で寝るお宅が大半でしたので、
お布団を収納する為には欠かせない収納が押し入れでした。
しかし、近年はベッドでの就寝が多くなり、
押し入れの収納形態は使いにくい空間となりつつあります。
そこで、押し入れを快適な収納に
生まれ変わらせるポイントを、まとめてみました。

  • 押入れの中棚を取り外す
  • 押入れが1番使いにくいと言われる部分というのが、中棚です。
    中棚がある事で、イマイチ収納力を生かせる事が出来なく使いにくくさせております。
    中棚を取り除くだけで、抜群の収納力に変化させる事が出来ます。
    中棚を取り除いて広くなった空間に、
    ホームセンターから収納ケースを買ってきて設置すると、
    高い収納力を発揮させる事が出来ます。

  • ステンレスパイプを取り付けてクローゼット空間に
  • 中棚を取り外してステンレスパイプを取り付けると、
    クローゼットの様な収納空間へと早変わりします。
    押入れの奥行きは芯々で90cm程ございますので、
    ステンレスパイプは手前と奥に2本取り付けて使う事が可能です。
    ここで使いやすくさせるポイントといえば、
    奥のステンレスパイプを15cm程高く設置する事です。
    同じ高さに設置すると、奥のステンレスパイプに掛けた
    洋服が取りにくくなってしまいます。
    15cm程ステンレスパイプを上げて設置する事で、
    奥のステンレスパイプに手を伸ばした時に掛けた
    洋服を簡単に取る事が出来ます。

  • 枕棚は残す
  • 枕棚は、取り外さず残す事をオススメします。
    その理由は、枕棚の高さには収納しにくい事が多く、
    その高さの収納力を生かす為には枕棚が最適だからです。
    普段あまり使わない物を収納する事が出来るので、非常に便利です。

この投稿は2017年2月27日に公開されました。

内装のリフォームで目を向けて欲しいビニールクロスの魅力とポイント3

  • 白っぽい色や灰色がかった色あいを選ばない
  • 古いお宅でビニールクロスに張り替えるリフォームを行う場合、
    空間を明るく見せようと真っ白な色合いや灰色がかった
    色合いを選んでしまう場合があります。
    真っ白や灰色がかった色合いは無機質に見せてしまいますので、
    寒く感じるようになり過ごしにくい空間としてしまいますので、
    オススメ出来ません。

  • 少しベージュや茶色がったような色合いを選ぼう
  • 古い建物の空間を明るくする為にビニールクロスを張る場合は、
    少しベージュや茶色がかった色合いのビニールクロスを選ぶ事をオススメします。
    これらの色合いの方がナチュラル感を発揮し、
    無機質に見えない暖かい明るい空間を演出してくれます。

  • リフォームの際に下地を拾うビニールクロスは採用しない
  • リフォームの場合、下地がどうしても平らではないので、
    採用するビニールクロスの質感によって下地が出やすくなってしまう事があります。
    リフォームの際のビニールクロスの選択は、
    このようなポイントから選ぶようにする事で、
    下地の凹凸感を発しにくくさせる事が出来ます。

  • 厚いビニールクロスを採用しよう
  • 薄いビニールクロスを採用してしまうと
    下地の凹凸さを簡単に拾ってしまう事があります。
    厚手のビニールクロスを採用するようにし、
    薄いビニールクロスは採用しないようにしましょう。
    ビニールクロスの厚みは、ビニールクロスの見本帳の
    サンプルを指で挟む事で厚みを確認する事が出来ます。

  • 表面が固いビニールクロスは避ける
  • 表面が固いビニールクロスは、下地のちょっとした
    凹凸でも簡単に掴んでしまいますので、
    仕上がりが悪くなってしまう傾向があります。
    表面が固いビニールクロスは、絶対に避けるようにしましょう。

  • 凹凸があるビニールクロスは下地を拾いにくい
  • 塗り壁調等の表面に凹凸があるビニールクロスは、
    下地の凹凸を拾いにくくさせる事が出来ます。
    凹凸が無いフラットな壁紙は少しの凹凸でも簡単に拾ってしまいますので、
    リフォームに採用する場合は絶対にオススメ出来ません。

  • 小さな柄よりも大きな柄のビニールクロスを採用
  • ビニールクロスのリフォームの際に柄物を選ぶ場合は、
    小花のような小さな柄よりも大きな柄の物の方が下地を拾いにくくさせる事が出来ます。
    柄物を採用したい場合に下地の凹凸を目立たせない為には、
    大きな柄のビニールクロスを選ぶようにしましょう。

近年リフォームで採用される事が多くなったビニールクロスは、
メリットもデメリットも多々あります。
しかし、1番のメリットとしてはリフォームに採用しやすい材料という事です。
ビニールクロスで簡単に空間をよみがえらせて、
快適な空間を作り上げましょう。

この投稿は2017年2月18日に公開されました。

内装のリフォームで目を向けて欲しいビニールクロスの魅力とポイント2

  • ビニールクロスのリフォームの相場は20万円程
  • ビニールクロスのリフォームに掛ける費用は、
    20万円程の費用を掛ける場合が大半です。
    20万円では全ての部屋の張替えは出来ないにしても、
    20万円程度で満足できる内装リフォームとなる部分が共感を得ております。
    建物全部の壁天井のビニールクロスを張り替えても、
    40万円程度で済ませる事が出来ます。
    お安く内装のリフォームが出来る、手軽さがあります。

  • シックハウス対策がされている材料
  • ビニールクロスの材料は、ビニールクロス、接着剤、
    パテ全てがシックハウス対策されている材料です。
    F☆☆☆☆ですので、安心して採用出来る建築材料となります。

  • 柄の種類がとても豊富
  • ビニールクロスはとても多くの種類があり、
    様々な柄からお好きな1つを選ぶ事が出来ます。
    子供用や大人用まで、様々な柄や色合いがありますので、
    どなたでもお好きな1つに出会う事が出来ます。

  • ビニールクロス以外にもクロスの種類がある
  • クロスといえばビニールクロスばかりを想像してしまうと思いますが、
    クロスはビニールクロス以外にも種類があります。
    布クロスや紙クロス、珪藻土クロス、ジュラククロスなど、
    ただのビニールクロスじゃないクロスもあります。
    クロスなのに本物感を発揮できる素材もありますので、
    クロスとは思えない素敵な空間に見せる事も可能です。

このように、内装工事にはとても最適なビニールクロスですが、
ビニールクロスの内装が家の中に現在無い場合は、
ビニールクロス特有の無機質さが気になってしまう方もいらっしゃいます。

この投稿は2017年2月8日に公開されました。

内装のリフォームで目を向けて欲しいビニールクロスの魅力とポイント1

内装のリフォームで1番人気なのが、
内壁をビニールクロスに張り替えるリフォームです。
ビニールクロスでのリフォームは、
簡単に内装空間の見た目を変える事が出来るので、
採用されやすいリフォーム方法となります。
ビニールクロスのリフォームにはどのようなメリットがあるのか、
オススメのポイントを3回に分けてご紹介します。

  • 張るだけで終わるリフォーム
  • ビニールクロスは乾式工法の内装リフォームですので、
    すぐにリフォームが終わる事が最大のメリットです。
    張り替えの場合は、既存の内装材を剥がし
    、剥がした後の不陸調整を行い、
    ビニールクロスに接着剤を付けて張るだけです。

  • 短期間で内装の見た目を変える事が出来る
  • 張るだけで終わる内装工事ですので、
    短期間で空間の見た目を180度変える事が出来ます。
    1部屋でしたら、たった1日で張り替えが可能となります。

  • 施工単価が安い
  • 普及品のビニールクロスは、施工単価が
    非常にお安いのがお客様に好かれている理由の1つです。
    普及品のビニールクロスは、これらの2つの種類があります。

    ① 1000番台のビニールクロス
    一般的に住宅に使うビニールクロスは1000番台であり、
    ㎡当たり800~1,000円程度で貼る事が可能です。
    消臭効果やマイナスイオン効果など、
    見た目のビニールクロスの他に様々な
    効果を発揮させる事が出来る物もある、
    機能性ビニールクロスです。
    色柄が豊富にあり、様々な数の種類があります。

    ② 500番台のビニールクロス
    また、少しグレードが落ちますがマンション等で
    良く採用される、500番台のビニールクロスがあります。
    主に賃貸マンションに多く採用され、柄物は少なく、
    白っぽいシンプルなビニールクロスが多くあるのが特徴です。
    500番台のビニールクロスは、
    ㎡当たり500円程度で張り替えが可能です。
    お安く張り替えが可能ですので、
    気軽にリフォームされるお宅も多い程です。

    このように、どちらのビニールクロスでも
    安価であり、採用しやすい材料です。

この投稿は2017年1月31日に公開されました。

中古マンション購入時のリフォームポイント詳細

玄関ホールのリフォーム


玄関ホールは家の顔ですので、
一緒にリフォームされる事が多い場所です。
玄関ドアは共用部分になる事が多いので、
自分で勝手に取り替える事は出来ません。
玄関ドアより内側の部分がリフォームの対象となり、
床のタイルやフロアタイル、
内装のリフォームが対象となります。
壁や天井にはビニールクロスを採用する事が一般的であり、
玄関という場所柄消臭防止用の
ビニールクロスを採用される場合もあります。
また、玄関を豪華に見せる為に、
エコカラットや羽目板のような高級内装材を
壁に採用する場合もございます。
マンションの玄関ホールは空間が狭いので、
高級内装材を使ってもそれほど費用がかさむ事が無いので、
多少高級な材料を採用される事も多くあります。

リビングと隣の部屋との境界壁を解体撤去する


中古マンションの場合は1つ1つの間取りが狭い場合が多く、
中古で購入した際は2つの間取りを1つにリフォームする事が多くあります。
中でも1番多いのは、リビングと隣の部屋との境界壁を撤去し、
リビングを大きくする方法です。

リビングの内装リフォーム


リビングの、床壁天井をリフォームします。
壁や床はビニールクロスを採用する場合が多く、
部分的にエコカラット等の高級内装材を採用する場合もあります。
また、床はフローリングにリフォームされる場合が多くあります。
この際、照明器具の取り換えやエアコンの
取り換えなどを併用して行う場合もあります。
マンションのリビングは15畳以上をイメージされるお宅が多く、
お隣のお部屋も同じ空間にさせる事でそれが実現する事が出来ます。

この投稿は2017年1月18日に公開されました。

中古マンション購入時のリフォームポイント

中古マンションを購入した際は、
フォームが必要な場合が大半です。
お安く中古物件を購入し、
自分流にリフォームを行う事は楽しい事でもあります。
中古物件をご自分の住まいにする為、ど
のようなポイントでリフォームを行うと良いのか、
よくあるマンションのリフォームのポイントをご紹介します。

  • 玄関ホールのリフォーム
  • リビングと隣の部屋との境界壁を解体撤去する
  • リビングの内装リフォーム
  • キッチンのリフォーム
  • 洗面脱衣室のリフォーム
  • お風呂をユニットバスに取り替える
  • トイレのリフォーム
  • 各居室のリフォーム

この様に、マンションに今まで他の方が使っていた生活感を無くし、
快適な住まい空間を作る事が重要視されているようです。
中古のマンションをご自分の空間にする為に、
快適なリフォームへと導きましょう。
各詳細は次のページでご説明いたします。

この投稿は2017年1月6日に公開されました。

床材は様々な種類がある!色んな床材に目を向けてみよう

床材というとフロアやフローリングを
想像すると思いますが、色んな種類があります。
様々な床材を確認して、色んな床材にも目を向けてみませんか。
住宅やマンションに使う事が出来る床材を、
ピックアップしてみました。

  • フロア
  • フロアは、住宅やマンションに1番使われている、
    安価で扱いやすい床材です。
    表面は合板ですので、経年劣化が起きてしまうのが難点です。
    費用の関係上、1番採用されている床材です。

  • フローリング
  • フロアとは違い、細かい板幅を敷き詰めて張っていく床材です。
    フロアと比べると施工性が低く、
    フロアの3倍手間がかかってしまいます。
    しかし、見た目や高級感は、フロアの数倍良いです。

  • 和室の床材として、ポピュラーな床材です。
    昔は、い草で出来たワラ畳が主流でしたが、
    近年は様々な素材で出来た畳が増え、い草の本物差が無い畳が増えました。
    断熱性と保湿性があり、踏み心地が良い床材です。
    い草には健康効果や集中力を高める作用があり、消臭効果もあります。
    畳を採用するのでしたら、昔ながらのい草の畳をオススメします。

  • クッションフロア(CFシート)
  • 耐水性の優れており、水廻りに適した床材です。
    トイレや洗面脱衣室等の水を多く使う空間に、採用される事が多いです。
    発泡性がある床材なので、適度な弾力性があるので足触りが良い材料です。
    低価格であり、色や柄も豊富になりました。

  • カーペット
  • 足触りが非常に良い床材であり、過ごしやすい空間を作る材料です。
    保温性や吸音性に非常に富んでおり、装飾も高い床材です。
    小さいお子さんが居るご家庭や、年齢を増した方が
    いらっしゃる空間に、とてもオススメです。
    カーペットといえば汚れてしまうのが難点だと思うかもしれませんが、
    最近のカーペットは汚れ防止機能や防ダニ機能があるので、
    綺麗を保つ事が出来ます。

  • タイル
  • ここ10数年は、内部の床のタイルを採用するお宅がとても増えました。
    高級感や耐久性にとても富んでおり、リビングの床の
    アクセントに使用したりと、オシャレな雰囲気をかもし出してくれる材料です。
    床下に床暖房を入れる事で、タイルでも快適な床にする事が出来ます。

  • コルク
  • コルク樫の樹皮を使った、床材です。
    コルクは断熱性や吸音性が高い材料であり、
    素材が軟らかいので足触りが非常に良い材料です。
    水に強いコルク材もありますので、水廻りにも使う事が出来ます。

このように、住空間に採用出来る床材は色んな種類があります。
フロアやクッションフロア等の定番な床材だけではなく、
様々な床材を採用して快適で個性的な床を作りましょう。

この投稿は2016年12月27日に公開されました。