建物の寿命を高める防水施工方法

建物の寿命を高める防水施工方法は、これらが挙げられます。

  • アスファルト防水
  • アスファルトルーフィング材に融解したアスファルトを使い、
    アスファルトルーフィングを積み重ねて防水層を作る防水工法です。
    水密性や耐久性が非常に高く、施工の不具合が出にくい工法です。
    17~30年程と、防水方法の中では1番寿命が長いという大きな利点があります。
    アスファルトルーフィングを張り重ねて作るので、
    狭い空間や凹凸が激しい空間の防水工事には不向きです。

  • 塩化ビニル系シート防水
  • 塩化ビニル樹脂系のシート材で構成する防水工法であり、
    接着工法と機械的固定工法の2つの方法があります。
    紫外線や熱に対して、大変耐久性が高い防水工法です。

  • ウレタン防水
  • 液体のウレタン樹脂を塗布し、
    硬化させる事によりゴム状の弾性防水層を作る防水工法です。
    密着工法と通気緩衝工法の、2つの工法があります。

  • FRP防水
  • 線維強化プラスチック防水の略称であり、
    ガラス繊維などの補強材にポリエステル樹脂を塗布し、
    防水層を作る工法です。
    耐衝撃性と耐水性に富んでおり、成形性に優れているので
    細かい部位に最適な防水工法です。
    しかし、素材が硬すぎるので、地震などの大きな動きが
    あった場合は割れてしまう事もあります。

  • 合成ゴム系シート防水
  • 合成ゴム系のシート材1枚で作られた防水層で、
    防水効果を発揮する防水工法です。
    接着工法と機械的固定工法の、2つの工法があります。
    動きに対して追従性が非常に良いので、地震等が起きても安心です。
    しかし、1枚の防水層なので薄いという部分が損傷を受けやすく、
    鳥等の影響を受けやすいのが難点です。

このように、防水工法は選ぶ工法により効果が様々です。
部位により適した工法を選択しなければ、
簡単に雨漏りを起こしてしまう事があります。
シート系の防水の方が耐久性が高いので、
広い部位にはアスファルトやシート系が適しています。
また、狭い部位には液体を使って塗膜を作る塗膜系が適しています。

防水工事は1度行うと安心にも思えますが、他の施工部位と同様に寿命があります。
10年以上経ったら、定期的に点検をして不具合を補修するようにし、
建物を雨水等からしっかり守るようにしましょう。

定期的な点検は防水専門業者へお願いするようにしましょう。

建物をしっかり守るためには、このように雨水を
遮断する事はとても大事な事となります。
徹底的に雨水から建物を守り、
建物の寿命を高める努力をしましょう。

この投稿は2016年7月21日に公開されました。

防水を詳しく考えて建物の寿命を高めよう

殆どの建物が、雨漏り等の水分により
建物の寿命を大きく縮めています。
外壁や屋根より入ってくる水分が、大きな原因です。
雨水が入ってくると想定される部位は、
外壁や屋根により雨水が建物内部に侵入しないように設計します。
外壁や屋根を施す事が出来ない場合は防水を使い、
雨水等の浸入を遮断します。
防水を施す場合は、板金材や瓦、コロニアル等の
屋根葺き材料を使って施工が出来ない屋根傾斜の部位に行います。

防水工事には様々な種類があり、
あらゆる条件等の対応できる様々な工法があります。
以下の部位に、防水が必要となります。

  • 屋根や屋上

  • 建築物の最上部の位置に、降雨や日射を遮蔽する為に用いります。

  • バルコニー、ベランダ
  • 建物外壁から突出した、屋外の床です。
    階下に部屋がある場合も多く、確実な防水効果が必要となります。
    降雨や日射を遮蔽し、守ります。

  • 屋外廊下
  • 共同住宅や店舗にある、共用の外部廊下。
    階下に部屋が無いパターンが殆どですが、ある程度の防水効果が必要となります。


この投稿は2016年7月21日に公開されました。

クッションフロアを綺麗に使う為のメンテナンス方法詳細

雑巾で水拭き

ホコリなど汚れは掃除機で取り除いて、
硬く絞った雑巾で水拭きします。
出来れば、1日1回の雑巾拭きをオススメします。
ダニ対策にもなりますので、
クッションフロアの清潔を保つ事が出来ます。

中性洗剤で拭く

エンボス部分に汚れが入って目立ってきたら、
中性洗剤を薄めた水を含んだ雑巾で水拭きをしましょう。
スポンジやブラシで擦って汚れを取る事も、とても効果的です。
洗剤を使った際は滑りやすくなってしまいますので、
綺麗に水拭きして取り除きましょう。
また、色ムラの原因になるので、
中性洗剤以外の洗剤は使わないようにしましょう。

ワックス掛け

クッションフロアの専用ワックスがありますので、
それを塗る事でクッションフロアが蘇ります。
ワックスを塗布する事で表面に薄い膜が出来るので、
傷や汚れから守ってくれます。
綺麗にして乾燥したのを確認した上で、
ワックスを塗布します。
直接ワックスを塗ると変色してしまう恐れがありますので、
必ず布かスポンジに含ませて行うようにしましょう。
半年に1度程度行うと、綺麗なクッションフロアを保つ事が出来ます。

重曹やクレンザーで綺麗にする

重曹やクレンザー等は研磨力が高いので、
頑固なクッションフロアの汚れの取り除きに効果があります。
研磨力が高いので、傷が残らない様に少量ずつ使う事をオススメします。
頑固なカビ等に、とてもオススメです。
クッションフロアには汚れが付きやすく、
付いても仕方ないと思う方も多いと思いますが、
このようなメンテナンス方法で綺麗にする事が出来ます。
クッションフロアが綺麗になったら、
ワックスを掛けると汚くする事を回避させる事が
出来ますので、オススメです。

取り除く事が難しいのは、ゴムの黒い色が
付いてしまっている部分です。
マットや滑り止め等の黒いゴムがクッションフロアに
付着すると、黒く変色してしまう事があります。
これはゴム汚染ですので、クッションフロア自体に
黒色が沁み込んで締まった状態です。
クッションフロアの塩化ビニールにゴムに含まれている
成分が反応し、黒色に沁み込ませてしまいます。
こうなってしまうと、取り除くのは不可能となってしまいます。
いくら頑張っても取れないので、この場合は張替えしか回避出来ません。
クッションフロアにはゴム製の物を直接接触しないようにし、
布等を敷いてワンクッション置くようにしましょう。

定期的に綺麗にする事で、綺麗で清潔な
クッションフロアを保つ事が出来ます。
クッションフロアの張替えも良いですが、
その前に綺麗にしてみる事も試してみましょう。
意外と綺麗なクッションフロアに
見違える事が出来るので、快適になりますよ。

この投稿は2016年7月15日に公開されました。

クッションフロアを綺麗に使う為のメンテナンス方法

クッションフロアは、経年により
くすんでしまう材料でもあります。

その為、クッションフロアに対して、
汚くなってしまうのが難点に思える方も多いと思います。
クッションフロアは、ちょっと手を掛ける事で
簡単に綺麗を保つ事が出来ます。
クッションフロアを綺麗に保つ
メンテナンス方法を、ご紹介します。

  • 雑巾で水拭き
  • 中性洗剤で拭く
  • ワックス掛け
  • 重曹やクレンザーで綺麗にする


各詳細は次のページでご説明いたします。

この投稿は2016年7月15日に公開されました。