建物の寿命を高める防水施工方法

建物の寿命を高める防水施工方法は、これらが挙げられます。

  • アスファルト防水
  • アスファルトルーフィング材に融解したアスファルトを使い、
    アスファルトルーフィングを積み重ねて防水層を作る防水工法です。
    水密性や耐久性が非常に高く、施工の不具合が出にくい工法です。
    17~30年程と、防水方法の中では1番寿命が長いという大きな利点があります。
    アスファルトルーフィングを張り重ねて作るので、
    狭い空間や凹凸が激しい空間の防水工事には不向きです。

  • 塩化ビニル系シート防水
  • 塩化ビニル樹脂系のシート材で構成する防水工法であり、
    接着工法と機械的固定工法の2つの方法があります。
    紫外線や熱に対して、大変耐久性が高い防水工法です。

  • ウレタン防水
  • 液体のウレタン樹脂を塗布し、
    硬化させる事によりゴム状の弾性防水層を作る防水工法です。
    密着工法と通気緩衝工法の、2つの工法があります。

  • FRP防水
  • 線維強化プラスチック防水の略称であり、
    ガラス繊維などの補強材にポリエステル樹脂を塗布し、
    防水層を作る工法です。
    耐衝撃性と耐水性に富んでおり、成形性に優れているので
    細かい部位に最適な防水工法です。
    しかし、素材が硬すぎるので、地震などの大きな動きが
    あった場合は割れてしまう事もあります。

  • 合成ゴム系シート防水
  • 合成ゴム系のシート材1枚で作られた防水層で、
    防水効果を発揮する防水工法です。
    接着工法と機械的固定工法の、2つの工法があります。
    動きに対して追従性が非常に良いので、地震等が起きても安心です。
    しかし、1枚の防水層なので薄いという部分が損傷を受けやすく、
    鳥等の影響を受けやすいのが難点です。

このように、防水工法は選ぶ工法により効果が様々です。
部位により適した工法を選択しなければ、
簡単に雨漏りを起こしてしまう事があります。
シート系の防水の方が耐久性が高いので、
広い部位にはアスファルトやシート系が適しています。
また、狭い部位には液体を使って塗膜を作る塗膜系が適しています。

防水工事は1度行うと安心にも思えますが、他の施工部位と同様に寿命があります。
10年以上経ったら、定期的に点検をして不具合を補修するようにし、
建物を雨水等からしっかり守るようにしましょう。

定期的な点検は防水専門業者へお願いするようにしましょう。

建物をしっかり守るためには、このように雨水を
遮断する事はとても大事な事となります。
徹底的に雨水から建物を守り、
建物の寿命を高める努力をしましょう。

この投稿は2016年7月21日に公開されました。

壁紙の種類と特徴

壁紙といえば、ビニールクロスを
想像する方も多いと思います。
あまり一般的には知られていませんが、
壁紙には様々な種類と機能があります。
壁紙はビニールクロスだけじゃなく、
色んな素材があります。
壁紙素材別による特徴を、まとめてみました。

  • ビニールクロス
  • ポリ塩化ビニルを素材にした、1番主流な壁紙です。
    1000番と500番の壁紙が主であり、色や柄、
    テクスチャーが多く、とても多くの種類があります。
    施工性が高いので、リフォームにもとても富んでおり
    安価なのが大きなメリットです。
    機能性壁紙も増え、汚れを拭き取れる物や抗菌効果等、
    色んな付加価値の付いたビニールクロスもあります。

  • 織物壁紙
  • レーヨンが主流素材であり、織物ならではの
    豪華さを発揮する、壁紙です。
    織物壁紙なので、吸音効果や通気性、
    調温性に優れた性能を持っています。
    合成繊維と綿、朝等の混紡糸も使われているので、
    汚れると綺麗に出来ないのが大きなデメリットといえます。
    しかし、ビニールクロスには出せない、
    本物さを発揮させる事が出来るので豪華に見えます。

  • 珪藻土壁紙
  • 自然素材の珪藻土を使った壁紙であり、
    粘土の泥土から出来た壁紙です・
    珪藻土を使っているので、呼吸により湿気を吸収してくれ、
    空気が乾燥したら湿度を発揮してくれます。
    石膏ボードと使う事で、結露が発生しにくい壁にする事が出来ます。

  • 紙壁紙
  • パルプを原料とした、洋紙が主要素材の壁紙です。
    ヨーロッパでよく使われている、壁紙です。
    素材が紙なので、吸音性が高く通気性が高く、
    健康や環境への配慮がなされている壁紙です。

壁紙は、色だけではなく素材を選ぶ事で、
その部屋の印象や機能を大きく左右させる事が出来ます。
ビニールクロスが主流ですが、このように
様々な機能や素材の壁紙があります。
気になる壁紙の素材があったら、
業者に聞いてみると良いでしょう。
要望が無ければ、ビニールクロスを選定して
選ぶように促されてしまいます。
ビニールクロスは、他の壁紙と比べると加工された建材です。
他の壁紙は、本物素材を使った壁紙です。
もちろん価格も全く違うので、我が家に最適なのは
どのような壁紙なのかを考えてみると良いでしょう。

この投稿は2016年12月2日に公開されました。

光が入りにくい空間に選んでほしい内装材

窓が少ない部屋や光が無いりにくく
暗い北側等の部屋や空間には、少しでも明るく
出来る内装材を選ぶようにしましょう。
想像するよりも、ワントーン明るいビニールクロスを
選ぶようにすると、明るくさせる事が出来ます。
ホワイト系やベージュ系等で、
少し明るめのカラーを選びましょう。

余計な柄を入れると明るさが半減しますので、
望ましくありません。
どうしても無地が嫌な場合は、凹凸のある
コテ塗り調や織物調や縦柄がオススメです。
腰にトリムを入れて、上下でビニールクロスを貼り分けると
明るい逢い壁に見せる事が出来、暗さを改善させる事が出来ます。

天井のビニールクロスは、壁と同じ物を貼ると
統一性と空間の広さを表す事が出来るので、オススメです。
もし違うビニールクロスにする場合は、
少し明るめのビニールクロスを張る事をオススメします。
廻り縁はフクビを採用し、白色で目立たない
素朴さの方が空間を明るくさせる事が出来ます。

床も、明るい床材を使う事で暗さを改善させる事が出来ます。
ナチュラルオークなどの薄い木目のフロアにすると、
暗さを半減させる事が出来ます。
フロアやフローリング以外の床材の場合は、
ホワイトかベージュ系のカラーにし、
巾木も似た様なカラーを選びましょう。
玄関は、上がり框も類似色を選び、
玄関のタイルも近似色にすると良いでしょう。
下駄箱も類似色にし、大きなミラーが付いていると
空間の暗さを半減させる事が出来るのでオススメです。

窓が少なかったり空間が暗い部屋は、内装を明るくする事で
暗さを半減させる事が出来ます。
特にビニールクロス選びは難しいので、
自信が無い場合は業者と相談をして適した材料を選ぶようにしましょう。

この投稿は2016年11月24日に公開されました。

トイレの壁紙の選び方!快適な壁紙を作ろう!

トイレは狭い空間ですが、トイレの壁紙選びには
非常に迷う方が多いようです。
それは、トイレならではの空間の用途により、
快適な空間にしたいが為に迷ってしまうようです。
トイレの作用により、臭いが気になるので消臭したい、
汚れない壁紙にしたい等。
トイレならではの、こだわりたい要素が沢山あるようです。

消臭機能や汚れ防止機能がある壁紙がありますので、
こちらの機能の壁紙を採用すると快適なトイレにする事が出来ます。
どのような壁紙の機能がトイレにオススメなのか、
ピックアップしてみます。

  • 消臭機能
  • トイレは臭いが1番気になるので、消臭効果が高い壁紙がオススメです。

  • 防カビ機能
  • トイレは湿気が多い空間ですので、防カビ機能が付いている壁紙が効果的です。

  • 汚れ防止
  • 水はね等にとても強いので、汚れ防止機能が付いた
    壁紙にするとお手入れが簡単になります。
    壁紙の表面に抗菌フィルムの加工がされた壁紙であり、
    拭くだけで汚れをサッと落とす事が出来ます。
    小さい男の子の子さんが居るお宅には、とてもオススメです。

色合いは、出来れば白、ベージュ系、
暖色系等の明るいカラーを選ぶようにしましょう。
寒色系等は、トイレの作用を考えると不向きです。
トイレに居る時間は短時間ではありますが、
短時間だけに過ごしやすい空間を作らなくてはなりません。
長居する事も考えると、寒い雰囲気にしてしまうと
出る物も出なくなってしまうと言われています。
ほんのり明るい、暖かい空間を作りましょう。

また、狭い空間なので大きな柄物は圧迫感を
感じてしまいますので、不向きと言えます。
柄物を張りたい場合は、小さく薄い柄がオススメです。
明るい色の壁紙にして、天井まで同じ壁紙を貼ると
空間を大きく長くする事が出来ます。
また、便器やペーパーホルダーも、壁紙に合わせて似た様な
色合いにすると、統一性が出ます。

トイレの壁紙は、このような要点でまとめて選ぶと、
快適な空間にする事が出来ます。
迷ったり解りにくいと思ったら、インテリア雑誌を
眺めたり業者に相談をしてみると良いでしょう。
壁紙屋さんに相談をしたら、いくつかのパターンを作ってくれます。
快適な空間のトイレを作って、過ごしやすい空間にしましょう。

この投稿は2016年11月11日に公開されました。

腰壁を作って丈夫な内壁を作ろう

腰壁は一昔前に多く作用された内壁の装飾ですが、
近年見直され採用される事が多くなりました。
腰壁は、内壁の腰下部分に違う材料を張った状態の工法です。
床より90~100㎜程の高さまで腰壁にする事が多く、
板材やビニールクロスを張って仕上げる事が大半です。
廊下や居間、トイレに採用される事が多いです。

腰壁には板材を採用する事で、
傷が付きにくい内壁にする事が出来ます。
壁紙にすると傷が目立ってしまい、
安っぽい雰囲気を出してしまうので、オススメ出来ません。
腰壁には、銘木合板や腰壁の建材を使う事をオススメします。

腰壁に板材を使うメリットは、これらが挙げられます。

  • 内壁が綺麗になる
  • 腰壁部分は、傷つきやすく傷みやすい部分です。
    板材を腰壁部分に張る事で、
    傷が付きにくくなり汚れにくくさせる事が出来ます。

  • 壁紙の上に張る事が出来る
  • 壁紙の上に板材を張る事で簡単にリフォームが
    出来るので、施工性が物凄く高いです。
    手軽に施工が出来るので、
    短期間で工事を済ませる事が出来ます。

  • 高級感が出る
  • 腰壁を作ると、高級感が発揮されます。
    板材を使って綺麗に納める事で、ただの内壁だったのが
    高級感あふれる内壁にする事が出来ます。

  • ペットが居るお宅には特にオススメ
  • 猫や犬を室内で飼っているお宅では、腰壁を作る事で
    猫犬のひっかき傷から回避させる事が出来ます。
    腰壁に板材を使う事で、少しのひっかきがあっても気になりません。
    破れにくい機能性壁紙という物もありますが、板材の方が数段丈夫です。

  • 手すりを付ける際に設置しやすい
  • 廊下等手すりを付ける際に、板材を腰壁に採用している
    下地の関係で取付けやすくなります。

腰壁の板材のカラーは、床と同じカラーにするか
床よりも濃いカラーにしない事をオススメします。
内装は、床から天井に向かって薄いカラーにしていく事で
調和を取る事が出来ます。
同じカラーか少し薄いカラーにすると、
まとまった雰囲気をかもし出す事が出来ます。

腰壁を作る事で高級感と内装の引き締まり感を出してくれますので、
個性的で素晴らしい雰囲気を発揮してくれます。
内装に変化を付けて豪華さを発揮させたい場合は、
是非取り入れてみましょう。

この投稿は2016年11月5日に公開されました。

銘木合板で味のある内壁を作ろうNO.2

一般的な石膏ボードに壁紙を貼る内壁と比べて
銘木合板が劣るのは、以下が挙げられます。

  • 吸音性に乏しい
  • 吸音性に乏しいので、反響してしまいます。
    その場合は、石膏ボード下地に銘木合板を
    張ると回避する事が出来ます。

  • 広い面積に張る場合は柄合わせが大変
  • 天然木を使っているので、ロットが違う銘木合板に
    なってしまうと、柄がおおきく変わってしまいます。
    これが天然木ならではの、仕方のない事となってしまいます。
    その為、業者にはなるべく柄を合わせるように頼んでおくと、
    近似値な柄で張る事が可能となります。
    しかし、近似値の物を探せるだけであって、
    板目の目の状態等は必ず変わってしまうので、
    我慢をするようにしましょう。

  • 価格が高価
  • 天然木で作った合板なので、高価になってしまいます。
    天然木ならではの良さが価格に反映しているような物ですので、
    仕方がないと思うようにしましょう。
    価格が高いからとプリント合板にしてしまうと、
    雰囲気がグッと下がってしまいます。
    どちらも木目の合板ですが、銘木合板とプリント合板では
    見た目は雲泥の差です。

    近年ビニールクロスが重宝されましたが、
    このような天然の材料は違った良さを引き出してくれます。
    使い方は昔のような全面張りではなく、
    アクセントクロスのように1面だけ張ったりする使い方が増えました。
    居間や玄関等に使い、部分的に高級感を発揮させる
    インテリアを作る事に活用されています。
    腰壁に採用して壁紙とコラボさせる事により、
    高級感を高める使い方も採用されています。
    銘木合板は壁紙には無い本物感を発揮してくれるので、
    とてもオススメ出来る材料です。

この投稿は2016年10月30日に公開されました。

銘木合板で味のある内壁を作ろうNO.1

30年位前の住宅にはよく使われていた銘木合板ですが、
ここ最近また注目されるようになった内壁材料です。
似た様な材料に安価なプリント合板がありますが、
プリント合板では出せない銘木ならではの
木の美しさを発揮してくれる高級感溢れる材料です。
銘木合板にはどのようなメリットがあるのかを、まとめてみました。

  • 暖かみを演出してくれる
  • 銘木合板は天然木を使って作っているので、
    木独特の暖かみを発揮してくれます。
    壁紙のような、無機質な感じを発揮しません。

  • 横張で空間を広く見せる事が出来る
  • 銘木合板を横張りする事で、空間を広くさせる事が出来ます。
    狭い空間でも広くさせる事が出来るので、
    狭い部屋に活用されています。

  • 木製建具や家具との調和が出来る
  • 木製建具や木目の家具と調和が出来るので、
    統一感溢れる空間を作る事が出来ます。

  • 天然木ならではの高級感を発揮
  • 銘木合板は、天然木を加工して作られた内壁材です。
    天然木ならではの、高級感を発揮する事が出来ます。

この投稿は2016年10月18日に公開されました。

太陽光パネルを設置する事のメリットNO.2

さて、太陽光パネルを設置するメリットを
引き続きお伝えします。

  • 災害が起きても自家発電で活用できる
  • 大地震や台風などで停電になっても、
    太陽光発電があるので電気の供給が可能となります。
    専用のコンセントを使うと、発電している分の
    電気を使う事も可能です。
    エアコン等に尾電気消費量が多い家電製品は、使用が難しいです。
    しかし、緊急性の使用は可能ですので、便利です。

  • 屋根裏温度が適温になるので省エネ効果を発揮する
  • 太陽光パネルを屋根に設置する事で、
    パネルが断熱効果を発揮してくれます。
    その為、温度差が出てしまう小屋裏部分の省エネ効果を発揮し、
    冬暖かく夏涼しい建物にする事が出来ます。
    光熱費の節約になりますので、
    更に電気に対して役に立てる事が出来ます。

  • 発電量チェックによる節電に繋げる事が出来る
  • 発電量の確認できるモニターを室内に配置するので、
    日ごと月ごとの発電量のチェックが可能となります。
    現在の使用電力がリアルタイムで把握できるので、
    節電の意識を高める事が出来ます。

  • クリーンなエネルギーを作る事が出来る
  • 太陽光発電はCO2を発生させないので、
    クリーンなエネルギーとして地球に優しいシステムです。
    環境対策に繋げる事が出来る、エネルギーです。

このように、一見利益の為だけの目的に思える
太陽光パネル設置は、様々なメリットがあります。

このようなシステムに対してよく言われるのは、
今後太陽光パネルを設置費用は、どんどん価格が
安くなっていく事があるのか、ではないでしょうか。
需要と供給があれば価格は安価になっていく傾向があるので、
このようにどんどん太陽光パネルを設置するお宅が増えていく事で、
工事費等の全ての費用はお安くなるイメージがあると思います。
太陽光発電のパネル等の機器の金額は、
需要と供給により徐々に安くなっていくと言われています。
しかし、電力の買取価格が減少傾向にありますので、
差し引きすると確実に安くなるとは言い切れません。
しかし、10年後以降は確実な黒字に繋げる事が出来るので、
今の金額でも十分と言えるでしょう。
もう少し待てばもっと初期費用が安くなるから、と
待たれている方も居るようですが、トータルするとあまり変わりませんので、
検討されているのであれば早めの設置をオススメします。

この投稿は2016年9月20日に公開されました。

太陽光パネルを設置する事のメリット

太陽光パネルの認知度どんどん上がり、
設置しているお宅が増えました。
特に、ここ数年は屋根の上だけではなく、
空き地に設置されたりと、様々な
太陽光パネルのパターンを見かけるようになりました。
ここまで太陽光パネルが増えた理由は、次が挙げられます。

  • 太陽光パネルで利益を得る事が出来る
  • 1番の大きな理由は、太陽光パネルを
    設置する事で利益を得る事が出来るからです。
    収益が上がるというのは有名ですが、
    どのような流れなのでしょうか。
    およそ10年位で初期費用の改修が出来、
    底からの発電収益は全て黒字になり、
    最終的には100万程の儲けになると言われています。
    初期費用がかかっても、結果として利益に
    繋がるのであればと、設置する方が増えました。

  • 初期費用に対して国から補助金が出る場合がある
  • 太陽光パネルを設置する際には100万円以上もの
    初期費用がかかりますが、国に申請する事で補助金を
    得る事が出来、少ない初期費用で太陽光パネルを設置する事が出来ます。
    太陽光パネルはCO2を排出しないという点から、
    地球温暖化抑制に貢献できるという点から、
    自治体より補助金制度を設けております。
    様々な条件がありますので、詳しくは
    各地方自治体の窓口にお問い合わせてみましょう。
    各地方自治体により違いがありますが、ソーラーパネルの
    最大出力1kW当たり15,000~20,000円程度が交付されます。

  • 国の電気事情に貢献できる
  • 原発問題で国の電気事情はひっ迫しており、
    自ら太陽光パネル設置により発電をする事が出来るので、
    電気エネルギーの確保に役立てる事が出来る。

まだまだ理由はありますので次回にお伝えできればと思います。

この投稿は2016年8月21日に公開されました。

防水を詳しく考えて建物の寿命を高めよう

殆どの建物が、雨漏り等の水分により
建物の寿命を大きく縮めています。
外壁や屋根より入ってくる水分が、大きな原因です。
雨水が入ってくると想定される部位は、
外壁や屋根により雨水が建物内部に侵入しないように設計します。
外壁や屋根を施す事が出来ない場合は防水を使い、
雨水等の浸入を遮断します。
防水を施す場合は、板金材や瓦、コロニアル等の
屋根葺き材料を使って施工が出来ない屋根傾斜の部位に行います。

防水工事には様々な種類があり、
あらゆる条件等の対応できる様々な工法があります。
以下の部位に、防水が必要となります。

  • 屋根や屋上

  • 建築物の最上部の位置に、降雨や日射を遮蔽する為に用いります。

  • バルコニー、ベランダ
  • 建物外壁から突出した、屋外の床です。
    階下に部屋がある場合も多く、確実な防水効果が必要となります。
    降雨や日射を遮蔽し、守ります。

  • 屋外廊下
  • 共同住宅や店舗にある、共用の外部廊下。
    階下に部屋が無いパターンが殆どですが、ある程度の防水効果が必要となります。


この投稿は2016年7月21日に公開されました。