建物の寿命を高める防水施工方法

建物の寿命を高める防水施工方法は、これらが挙げられます。

  • アスファルト防水
  • アスファルトルーフィング材に融解したアスファルトを使い、
    アスファルトルーフィングを積み重ねて防水層を作る防水工法です。
    水密性や耐久性が非常に高く、施工の不具合が出にくい工法です。
    17~30年程と、防水方法の中では1番寿命が長いという大きな利点があります。
    アスファルトルーフィングを張り重ねて作るので、
    狭い空間や凹凸が激しい空間の防水工事には不向きです。

  • 塩化ビニル系シート防水
  • 塩化ビニル樹脂系のシート材で構成する防水工法であり、
    接着工法と機械的固定工法の2つの方法があります。
    紫外線や熱に対して、大変耐久性が高い防水工法です。

  • ウレタン防水
  • 液体のウレタン樹脂を塗布し、
    硬化させる事によりゴム状の弾性防水層を作る防水工法です。
    密着工法と通気緩衝工法の、2つの工法があります。

  • FRP防水
  • 線維強化プラスチック防水の略称であり、
    ガラス繊維などの補強材にポリエステル樹脂を塗布し、
    防水層を作る工法です。
    耐衝撃性と耐水性に富んでおり、成形性に優れているので
    細かい部位に最適な防水工法です。
    しかし、素材が硬すぎるので、地震などの大きな動きが
    あった場合は割れてしまう事もあります。

  • 合成ゴム系シート防水
  • 合成ゴム系のシート材1枚で作られた防水層で、
    防水効果を発揮する防水工法です。
    接着工法と機械的固定工法の、2つの工法があります。
    動きに対して追従性が非常に良いので、地震等が起きても安心です。
    しかし、1枚の防水層なので薄いという部分が損傷を受けやすく、
    鳥等の影響を受けやすいのが難点です。

このように、防水工法は選ぶ工法により効果が様々です。
部位により適した工法を選択しなければ、
簡単に雨漏りを起こしてしまう事があります。
シート系の防水の方が耐久性が高いので、
広い部位にはアスファルトやシート系が適しています。
また、狭い部位には液体を使って塗膜を作る塗膜系が適しています。

防水工事は1度行うと安心にも思えますが、他の施工部位と同様に寿命があります。
10年以上経ったら、定期的に点検をして不具合を補修するようにし、
建物を雨水等からしっかり守るようにしましょう。

定期的な点検は防水専門業者へお願いするようにしましょう。

建物をしっかり守るためには、このように雨水を
遮断する事はとても大事な事となります。
徹底的に雨水から建物を守り、
建物の寿命を高める努力をしましょう。

この投稿は2016年7月21日に公開されました。

中古マンション購入時のリフォームポイント詳細2

キッチンのリフォーム


システムキッチンを入れ替え、
キッチンの内装をリフォームします。
システムキッチンは、中級から上級の物を選ぶ場合が多くあります。
キッチンの内装は、壁や天井はビニールクロスを採用し、
床はクッションフロアやフロアタイルを採用されるパターンが多くあります。
リビングと同じフローリングを採用したいと思われる方が
多くいらっしゃいますが、フローリングの材質は水回りには適しません。
どうしてもフローリングをキッチンに採用したい場合は、
水回り様のフローリングを採用するようにしましょう。
また、キッチン正面の壁にはキッチンパネルを採用される事が大半です。
キッチンパネルが普及されてきた中、
個性的なキッチン周りにしようと
デザインタイルを採用するお宅も多くなってきました。
タイル自体は汚れにくい材料ですが、
タイルの目地は汚れが溜まりやすい材質です。
その為、タイルを採用すると汚れやすくなってしまいますので、
あまりオススメ出来ません。
どうしてもタイルを採用したい場合は、
タイルの目地を黒目地にすると汚れが目立たなくなります。

洗面脱衣室のリフォーム


洗面脱衣室のリフォームは、洗面化粧台を取り替え給湯器も
取り替えて内装をリフォームします。
洗面化粧台は安価な物もございますので、
気軽に取り替える方も多くいらっしゃいます。
また、給湯器は既存の物は給湯のみの追い炊きが付いていないパターンが多く、
追い炊き式の最新の壁掛け給湯器に取り替えるお宅が多くあります。
内装のリフォームは、壁や天井は汚れ防止用のビニールクロスを採用し、
床にはクッションフロアやフロアタイルを採用します。

お風呂をユニットバスに取り替える


他の方が使ったユニットバスは不衛生に感じるので、
新しいものに取り替える方が多くいらっしゃいます。
既存のユニットバスを解体し、
新規組み立て式のユニットバスを取り付ける工事となります。
既存の浴槽の空間に合わせたユニットバスしか採用をしにくいため、
空間を広くする事が困難となってしまいます。
どうしても空間を広くしたい場合は、
隣り合ったお部屋を狭くしお風呂の空間を広げるしか方法がございません。
組み立て式のユニットバスは近年数多く
バリエーションも増えましたので、
好みのユニットバスに出会う事も可能です。

トイレのリフォーム


便器を取り換えて、内装をリフォームする事が定番となっております。
便器は、人気の洗浄効果が高い
ウォシュレット付きの便器を選ばれる事が多くあります。
床や壁は汚れ防止や防臭効果があるビニールクロスに張り替え、
床はクッションフロアやフロアタイルを採用する事が一般的です。
この際、トイレの照明器具も一緒に取り替える事があります。
トイレは湿気が多いので、照明器具が汚れてしまいがちです。
トイレの照明器具は安価ですので、
一緒に取り替えてしまおうと考えるお客様が多いようです。
また、最新式のLEDの照明器具にし、
光熱費の削減へ導くという考え方もあります。

各居室のリフォーム


各居室の場合、床をフローリングやクッションフロアにし、
壁や天井はビニールクロスを採用する場合が多くあります。
他の部分に費用を掛けてしまうので、
各居室の場合見た目を良くする程度の
リフォームとする場合も多くあります。

この投稿は2017年6月6日に公開されました。

和室から洋室に内装リフォームする際の目を向けて欲しいポイント

建物を新築した際に良いと思った和室も、
歳月を重ねる事で不要となってしまうお宅も多くあります。
使いにくい和室は、思い切って洋室にリフォームを行ってみましょう。
和室から洋室にリフォームをする方法と言えば、
床をフローリングにし壁や天井にビニールクロスを
張る事を想像されると思います。
しかし、それだけでは和室感が残ってしまい、
中途半端な洋室へのリフォームとなってしまう事があります。
そこで、和室を洋室にリフォームする際に盲点に
なってしまうリフォームポイントを、まとめてみました。

  • 和室の床高さを下げる
  • 和室の場合、畳の厚み(60㎜程)の分、
    洋室より床の高さが高くなっている事が大半です。
    洋室にリフォームする際は、余計な段差を残さないよう
    段差を解消させるようにすると良いでしょう。
    段差がある状態の上にフローリングを貼っても、
    段差が残る事で違和感があるお部屋となってしまいますので、オススメ出来ません。

  • 真壁から大壁に変える
  • 昔の和室の壁の大半は、柱が見える真壁となっております。
    洋室にリフォームする際は、柱が見えている
    真壁状態を改善させるようにしましょう。
    出ている柱を隠す様にプラスターボードを張り、
    その上に仕上げを行うと真壁を大壁に変える事が出来ます。
    この際、窓枠や出入り口の枠のチリとのバランスが
    大事となりますので、そこを計算した上で壁リフォームとなります。
    大壁に変えるだけで一気に洋室感が発生するので、
    絶対行うべきリフォームとなります。

  • 壁や天井だけではなく木製建具にもビニールクロスを
  • 古い和室の場合、ふすまなどの木製建具には
    ふすま紙を使用している場合が大半です。
    ふすまを壁と同じビニールクロスに張り替えると、
    和室感を無くす事が出来ます。

  • 木製建具の木枠は塗装を
  • 既存の和室の木製建具の木枠は青木という木材の
    「とのこ仕上げ」となっており、建具の表面を
    ビニールクロスで洋風に変えても、建具の縁や木枠が
    とのこ仕上げのままですと和室感が出てしまいます。
    建具の縁や木枠は、塗装をする事で用質感を発揮させる事が出来ます。
    とのこを拭き取って落とし、オイルステンやガードラックのような
    木の質感を生かした塗装を行うと、現代的な木枠とする事が出来ます。

このように、洋室から和室にリフォームをする際には、
これらのポイントは盲点になりがちになってしまう傾向があります。
床や壁、天井の内装リフォームにこれらを加えて、
見違えるような洋室空間へと導きましょう。

この投稿は2017年5月29日に公開されました。

内装リフォームを行う為に把握してほしいポイント4

  • マンションやアパートの内装リフォームは「内装制限」に絡む事もある
  • 賃貸住宅のような自分の持ち物ではない空間を
    リフォームする際、内装制限に注意して行わなければいけません。
    建物の形状や環境により様々な条例が該当する事がありますので、
    自分流儀に内装リフォームが出来ない場合があります。

  • 内装表面だけではなく下地も取り替えないといけない場合もある
  • 内装のリフォームというと内装の仕上げ表面の材料のみを
    取り換えれば良いイメージを持つ方も多いようですが、
    内装表面の仕上げのみのリフォームだけにとどまらない場合もあります。
    古い建物の場合、下地のプラスターボードや木下地も
    劣化が進んでいる場合もあり、その場合はリフォームの際に
    一緒に取り替える事で、この先快適な住まいとする事が可能となります。

  • 内装リフォームがわかりにくい場合は雑誌の内容を参考に
  • 内装のリフォームを行ってみたいけれど、どのような材料を
    どのように活用すれば良いのかわからない場合もあると思います。
    そんな時は、住宅雑誌等の建築雑誌を参考にすると、
    理想的なデザインを選ぶ事が出来、業者にも雑誌の内容を
    見せる事で忠実にリフォーム内容を伝える事が出来ます。
    住宅雑誌は本屋さんに大変多くの種類がございますので、
    是非参考にしてみましょう。

このように、把握しておくべき内装リフォームのポイントを
掴んでおくだけで、内装リフォームに詳しくない方でも
わかりやすくなる事が出来ると思います。
内装リフォームというのは、きちんと知識を身に付けておくだけで
納得がいく内装リフォームとする事が出来ます。
ご自身で少しでも知識を身に付けておくことで、
業者との打ち合わせの際にスムーズに進ませる事も可能となります。

この投稿は2017年5月17日に公開されました。

内装リフォームを行う為に把握してほしいポイント3

  • 部分的な内装リフォームは統一感が出ない
  • 内装のリフォームは、部分的に行うのか
    全体的に行うべきなのか、迷ってしまう方も多いと思います。
    内装のリフォームは、リフォームを行う事で
    今の状態以上の内装状態へと導く事が目的です。
    せっかくリフォームを行ったのに、
    リフォーム前より状態が悪くなっているようであれば、
    せっかくのリフォームも全く意味をなさなく台無しです。
    リフォームをしたのに状態が悪くなってしまうケースは、
    部分リフォームをした場合に発生してしまう事があります。
    衰えてしまった内装部分のみを補修する目的で
    リフォームを行う事がありますが、部分的にリフォームを行ってしまうと
    お部屋全体のデザインの統一性が無くなってしまう事があります。
    内装リフォームを行う際は、完成した際に違和感が出てしまう
    仕上りにならないよう行うようにする事が鉄則となります。
    1番の理想は、お部屋全体をフルリフォームする事です。

  • 内装リフォームに使う材料の素材をチェック
  • 内装リフォームに使う材料は様々あり、
    大事なのは有害物質を発さない材料を選ぶ事です。
    近年のビニールクロスや接着剤は有害物質の配合が少ない物や
    全く配合していない材料もあり、
    アレルギーの元を引き起こす事が無くなりつつあります。
    ご家族のアレルギーをお持ちの方は、
    有害物質が配合されていない材料の選択を業者に伝えるようにしましょう。

この投稿は2017年5月6日に公開されました。

内装リフォームを行う為に把握してほしいポイント2

  • 空間の特性に適した材料を採用
  • 内装材は、その部屋の特性に合わせた材料を採用しなければいけません。
    このようなパターンには、これらの材料が適しています。

    ・水回りには水回りに適した材料
    トイレやキッチン等水回りには、水に強い材料を選択しなければいけません。
    水回りは材料選びに失敗してしまうと、
    材料の劣化が激しく進み下地にも大きな影響を
    与えてしまいますので、大変重要なポイントとなります。

    ・臭いが発生する空間には防臭効果の材料
    トイレや玄関等、独特の臭いが発生してしまう空間には、
    防臭効果の内装材を採用する事が大事となります。
    ビニールクロスには防臭効果がある物もございますので、
    そちらを採用すると安価で防臭効果を発揮させる事に繋げる事が出来ます。

    ・使われる方の特性に合わせて選ぶ材料
    子供部屋やペットが行きする使い勝手が激しいお部屋には、
    傷が付きにくいフローリングやビニールクロスなど、素材が強い材料が必要となります。
    また、お年寄りには、足に余計な負担をかけにくいやわらかい材料が適しています。
    このように、使われる方に合わせた材料を選ぶ事で、
    リフォーム後過ごしやすい空間とする事が出来ます。

内装リフォームの材料選びの際は、選んだ材料は
そのお部屋の特性に合っている材料なのか、
きちんと見直して選ぶようにしましょう。

この投稿は2017年4月27日に公開されました。

内装リフォームを行う為に把握してほしいポイント1

内装リフォームはある程度の頻度で
行わなければいけないとわかっていても、
わかりにくい部分が多々あり、
なかなか進める事が出来ないお宅も多いと思います。
内装リフォームのポイントや注意点を把握しておくと、
内装のリフォームに前向きになる事が出来、
失敗の無いリフォームに繋げる事が出来ます。
そこで、誰でもわかりやすい内装リフォームに関する、
知っておくべきポイントをまとめてみました。

  • 内装リフォームとはこのような内容
  • 内装のリフォームとは、床や壁、天井の張替が主な内容です。
    内装の表面だけではなく、内装の下地や断熱材のリフォームも内装リフォームに該当します。

  • 内装リフォームの目安
  • 内装のリフォームは材料の劣化状態により異なりますが、
    5年ほどで何かしらの劣化が生じてしまいます。
    5年経ったら見直しを行い、
    リフォームが必要なのか否かを確認するようにしましょう。

  • ビニールクロスの張替えの目安
  • ビニールクロスの張替えの目安は、5~6年と言われております。
    あくまでも目安であり、汚れがひどい場合は3年、
    長持ちしたら10年以上も使い続ける事も可能です。

この投稿は2017年4月19日に公開されました。

こんなリフォームは絶対にしてはいけない【内装リフォームの失敗談3】

結露やカビが発生する建物は内装をリフォームするだけでは改善しない


よくあるリフォームで結露やカビ臭さを改善したいがために
ビニールクロスの張替え等の内装のリフォームを行う場合があります。
結露やカビ臭さというのは壁表面から発生している訳ではありませんので、
ビニールクロスを張り替えても何の解決にもなりません。
結露は壁の中の断熱材の充填の仕方の悪さによって発生してしまいますので、
断熱材を充填し直す事で結露を解決させる事が出来ます。
下地のプラスターボードや木下地も全て撤去し、
グラスウールなどの断熱材を充填し直した上で
ビニールクロスを張り替えるようにしましょう。

工事範囲の把握違いによって納得がいかない


リフォームで起きてしまう悲しい現実といえば、
工事範囲をきちんと把握しておらず施工側とお客様側とで
工事内容の差が発生してしまう事です。
規模が小さいリフォームの場合は発生しにくいのですが、
大掛かりなリフォームの場合は工事範囲に対して互いに疎通がなっておらず、
理想通りのリフォームとならない場合もあるようです。
リフォームを行う前には工事範囲をきちんと確認し、
納得の上でリフォームを行うようにしましょう。
途中であれもこれもと追加してしまうと、
余計な費用がかかってしまい高上りとなってしまう事があります。

このように、せっかく大きな費用を掛けて行った
内装リフォームですが、納得がいかない結果に終わってしまう事があります。
内装リフォームは、内装リフォームに慣れている業者に
工事を依頼する事が1番のおすすめとなります。
リフォームに慣れていない業者は、リフォームのポイントを
掴む事が出来ないので、失敗してしまう事があります。
新築とリフォームとは全く内容が違いますので、
優秀な新築業者でもリフォームとなるとうとくなってしまう事もあります。
リフォームは古い建物の工事を行うので、
トラブルが発生してしまう事も多くあります。
そんなトラブルにきちんと対応できる、
リフォームに特化した業者に工事をお願いするようにしましょう。

この投稿は2017年4月7日に公開されました。

こんなリフォームは絶対にしてはいけない【内装リフォームの失敗談2】

想像以上に内装が白っぽい


材料を選ぶ際に小さい見本帳で選ぶために、
実際選んだ内装材を張ると明るい色合いに見えてしまう事があります。
この現象は「面積効果」という現象であり、
同じ色でも小さな大きさで見るのと大きな大きさで見るのとは色の違いを感じ、
大きな大きさで見ると薄い色合いに感じてしまうという事です。
仕方のない事なのですが、内装のイメージが
変わってしまったと、嘆く方もいらっしゃいます。
内装の色合いを理想的に近づける為には、
見本帳である程度決めたら大きなサンプルで確認する事です。
少しでも大きなサンプルで確認する事で、
より現実の色合いに近くさせる事が出来ます。

新しくリフォームをした部分だけ浮いてしまう


内装のリフォームは、リフォームを行った場所と
行っていない場所が隣り合ってしまう場合、
新しくなった部分のみが浮いて見えてしまう事があります。
部分的にリフォームをする場合は、
お部屋全体のバランスがとれるように材料を選んだり
リフォームを行うようにしましょう。
部分的にリフォームする材料をリフォームしない部分に
照らし合わせて確認したりなど、出来るだけ色合いや質感が
馴染むような材料を選ぶ事が大事となります。

この投稿は2017年3月30日に公開されました。

こんなリフォームは絶対にしてはいけない【内装リフォームの失敗談】

多くの費用を掛けて手厚く行ったつもりの内装リフォームでも、
残念ながら失敗に終わってしまう事もあります。
内装のリフォームというのは想像以上に難しく、
100%満足できる形となるのは難しい工事とも言えます。
そこで、どのような内装工事の失敗談があるのか、
代表的な事例をご紹介致します。

水回りの床にフローリングを採用した事での失敗


水回りにも一般のお部屋のようにフローリングを採用したく、
強引に採用してしまったために不具合を起こしたというパターンです。
一般的なフローリングは合板と接着剤で成り立っている材料ですので、
水が付着すると合反応能力が劣ってしまい劣化してしまいます。
キッチンやトイレ、洗面所は水を多く使う場所であり、
水をこぼしたり湿気によりフローリングに大きな影響を与えてしまいます。
水回りにはフロリーリングは不適合であり、
クッションフロアやフロアタイルがオススメです。
どうしてもフローリングを採用したい場合は、
水回り用のフローリングを採用する事がオススメです。
出来れば、水回りに適した材料(クッションフロア等)を
採用する事をオススメします。

窓廻りのビニールクロスが剥がれる


窓廻りは湿気が多く発生してしまう部分ですので、
窓枠の四方を回さずに三方のみをビニールクロスで巻き込みをしてしまうと、
湿気の影響で剥がれてしまう事があります。
ハウスメーカー等は窓廻りに窓枠を設置せずビニールクロスで窓廻りを巻き込んでしまう為、
少しの湿気により簡単に窓廻りのビニールクロスが剥がれてしまいます。
ビニールクロスの張替えのリフォームの場合、窓廻りには四方に窓枠を回す様にしましょう。
湿気の多いお宅は、窓廻りの不具合に対して何度ビニールクロスを張り替えても、
窓枠が設置されていなければ同じ事がずっと起きてしまいます。

この投稿は2017年3月15日に公開されました。

使いやすい収納に生まれ変わらせる押し入れのリフォーム2

  • 収納の中にも内装のリフォームを
  • 従来の押し入れの場合、床はシナベニヤ仕上げ、
    壁や天井はプラスターボード仕上げとなっている内装の場合が大半です。
    近年の収納の中は内装もきちんとされているので、
    押し入れ中の内装工事をするだけでも一味違う
    内装空間を発揮させる事が出来ます。
    近年の収納の床はフローリング仕上げとなっている場合が大半ですので、
    押し入れのリフォームの際はフローリング柄の
    クッションフロアを採用すると良いでしょう。
    また、壁はビニールクロス張りとし、
    明るめの色合いにすると収納の中が明るく
    清潔感あふれる状態とする事が出来ます。
    無地のビニールクロスを採用する場合がほとんどですが、
    柄物を採用される方も多くいらっしゃいます。

  • 収納の扉のリフォーム
  • 押入れの扉は、ふすま紙仕上げになっている事が大半です。
    ふすま紙仕上げは、いかにも押入れという雰囲気をかもしだし、
    古臭さを感じてしまいます。
    1番手っ取り早い押入れの扉のリフォームは、
    現在のふすま紙状態をビニールクロスを張りに変える事です。
    ビニールクロス張りに変える事で、簡単に
    洋風空間を演出してくれますので、オススメです。
    費用に余裕がある場合は、建具自体を新規に入れ替えると
    イメージがグッと変わります。
    現代の収納の扉といえば折り戸ですので、現在の扉の
    スペースに合わせて建具屋さんで折り戸を作成し取り付けます。
    折り戸になるだけで、現代的のクローゼットの雰囲気をかもし出します。
    折り戸は4枚戸で製作に大きな費用がかかってしまいますので、
    そこまでの費用を掛けたくない場合は、
    木目のフラッシュ戸の引違にするだけでも、
    大きく見た目を変える事が出来ます。
    年齢を増した方が使うのであれば、
    折り戸ですと開けた際に扉の出っ張りが
    邪魔になってしまう事がありますので、
    引違戸にする事をオススメします。
    また、扉の開け閉めに大事な取手ですが、
    小さく引っ掛ける形状の取手ではなく、
    大きめの取手を採用する事をオススメします。

  • 押入れの中に湿気が酷い場合のリフォーム
  • 押入れは日当たりの悪い場所に設置されている事が多く、
    使い続けているうちに湿気がこもってしまい、
    カビなどの悩みとなってしまう場合が多くあります。
    押入れの湿不具合は、押し入れの中の空気の流れが良くない事が
    原因ですので、押し入れの中の空気の流れを
    良くさせるリフォームを行うようにしましょう。
    すのこを用いて床壁天井に張り付け、すのこの足の部分が
    空間となる事で空気の流れを作る事が出来ます。
    これで荷物をギッシリ入れても空気の流れを作る事が出来るので、
    湿気に悩まない収納とする事が出来ます。
    重度のカビでどうしようもない場合は、
    これにプラス手時スターフードを取り付けて
    更なる空気の循環を高めます。
    レジスターフードを取り付ける事で寒さと暑さを流れ入れてしまいますが、
    空気の流通を高めるためにはやむを得ない方法となります。

このように、今は使いにくい押入れも、
使いやすく見た目も良い空間へと生まれ変わらせる事が出来ます。
収納が使いやすくなる事でお部屋の収納力が上がり、
お部屋の中をスッキリさせる事に繋げる事が出来ます。
収納というのはお部屋の中で盲点になりがちですが、
収納の存在次第で快適な生活に大きな差も発生します。
収納を見直して、すっきり快適空間へと導きましょう。

この投稿は2017年3月4日に公開されました。