アーカイブ | 8月 2016

太陽光パネルを設置する事のメリット

太陽光パネルの認知度どんどん上がり、
設置しているお宅が増えました。
特に、ここ数年は屋根の上だけではなく、
空き地に設置されたりと、様々な
太陽光パネルのパターンを見かけるようになりました。
ここまで太陽光パネルが増えた理由は、次が挙げられます。

  • 太陽光パネルで利益を得る事が出来る
  • 1番の大きな理由は、太陽光パネルを
    設置する事で利益を得る事が出来るからです。
    収益が上がるというのは有名ですが、
    どのような流れなのでしょうか。
    およそ10年位で初期費用の改修が出来、
    底からの発電収益は全て黒字になり、
    最終的には100万程の儲けになると言われています。
    初期費用がかかっても、結果として利益に
    繋がるのであればと、設置する方が増えました。

  • 初期費用に対して国から補助金が出る場合がある
  • 太陽光パネルを設置する際には100万円以上もの
    初期費用がかかりますが、国に申請する事で補助金を
    得る事が出来、少ない初期費用で太陽光パネルを設置する事が出来ます。
    太陽光パネルはCO2を排出しないという点から、
    地球温暖化抑制に貢献できるという点から、
    自治体より補助金制度を設けております。
    様々な条件がありますので、詳しくは
    各地方自治体の窓口にお問い合わせてみましょう。
    各地方自治体により違いがありますが、ソーラーパネルの
    最大出力1kW当たり15,000~20,000円程度が交付されます。

  • 国の電気事情に貢献できる
  • 原発問題で国の電気事情はひっ迫しており、
    自ら太陽光パネル設置により発電をする事が出来るので、
    電気エネルギーの確保に役立てる事が出来る。

まだまだ理由はありますので次回にお伝えできればと思います。

この投稿は2016年8月21日に公開されました。