アーカイブ | 9月 2016

太陽光パネルを設置する事のメリットNO.2

さて、太陽光パネルを設置するメリットを
引き続きお伝えします。

  • 災害が起きても自家発電で活用できる
  • 大地震や台風などで停電になっても、
    太陽光発電があるので電気の供給が可能となります。
    専用のコンセントを使うと、発電している分の
    電気を使う事も可能です。
    エアコン等に尾電気消費量が多い家電製品は、使用が難しいです。
    しかし、緊急性の使用は可能ですので、便利です。

  • 屋根裏温度が適温になるので省エネ効果を発揮する
  • 太陽光パネルを屋根に設置する事で、
    パネルが断熱効果を発揮してくれます。
    その為、温度差が出てしまう小屋裏部分の省エネ効果を発揮し、
    冬暖かく夏涼しい建物にする事が出来ます。
    光熱費の節約になりますので、
    更に電気に対して役に立てる事が出来ます。

  • 発電量チェックによる節電に繋げる事が出来る
  • 発電量の確認できるモニターを室内に配置するので、
    日ごと月ごとの発電量のチェックが可能となります。
    現在の使用電力がリアルタイムで把握できるので、
    節電の意識を高める事が出来ます。

  • クリーンなエネルギーを作る事が出来る
  • 太陽光発電はCO2を発生させないので、
    クリーンなエネルギーとして地球に優しいシステムです。
    環境対策に繋げる事が出来る、エネルギーです。

このように、一見利益の為だけの目的に思える
太陽光パネル設置は、様々なメリットがあります。

このようなシステムに対してよく言われるのは、
今後太陽光パネルを設置費用は、どんどん価格が
安くなっていく事があるのか、ではないでしょうか。
需要と供給があれば価格は安価になっていく傾向があるので、
このようにどんどん太陽光パネルを設置するお宅が増えていく事で、
工事費等の全ての費用はお安くなるイメージがあると思います。
太陽光発電のパネル等の機器の金額は、
需要と供給により徐々に安くなっていくと言われています。
しかし、電力の買取価格が減少傾向にありますので、
差し引きすると確実に安くなるとは言い切れません。
しかし、10年後以降は確実な黒字に繋げる事が出来るので、
今の金額でも十分と言えるでしょう。
もう少し待てばもっと初期費用が安くなるから、と
待たれている方も居るようですが、トータルするとあまり変わりませんので、
検討されているのであれば早めの設置をオススメします。

この投稿は2016年9月20日に公開されました。