使いやすい収納に生まれ変わらせる押し入れのリフォーム

一昔前の家といえば、収納は押入れが大半でした。
お布団で寝るお宅が大半でしたので、
お布団を収納する為には欠かせない収納が押し入れでした。
しかし、近年はベッドでの就寝が多くなり、
押し入れの収納形態は使いにくい空間となりつつあります。
そこで、押し入れを快適な収納に
生まれ変わらせるポイントを、まとめてみました。

  • 押入れの中棚を取り外す
  • 押入れが1番使いにくいと言われる部分というのが、中棚です。
    中棚がある事で、イマイチ収納力を生かせる事が出来なく使いにくくさせております。
    中棚を取り除くだけで、抜群の収納力に変化させる事が出来ます。
    中棚を取り除いて広くなった空間に、
    ホームセンターから収納ケースを買ってきて設置すると、
    高い収納力を発揮させる事が出来ます。

  • ステンレスパイプを取り付けてクローゼット空間に
  • 中棚を取り外してステンレスパイプを取り付けると、
    クローゼットの様な収納空間へと早変わりします。
    押入れの奥行きは芯々で90cm程ございますので、
    ステンレスパイプは手前と奥に2本取り付けて使う事が可能です。
    ここで使いやすくさせるポイントといえば、
    奥のステンレスパイプを15cm程高く設置する事です。
    同じ高さに設置すると、奥のステンレスパイプに掛けた
    洋服が取りにくくなってしまいます。
    15cm程ステンレスパイプを上げて設置する事で、
    奥のステンレスパイプに手を伸ばした時に掛けた
    洋服を簡単に取る事が出来ます。

  • 枕棚は残す
  • 枕棚は、取り外さず残す事をオススメします。
    その理由は、枕棚の高さには収納しにくい事が多く、
    その高さの収納力を生かす為には枕棚が最適だからです。
    普段あまり使わない物を収納する事が出来るので、非常に便利です。