内装リフォームを行う為に把握してほしいポイント2

  • 空間の特性に適した材料を採用
  • 内装材は、その部屋の特性に合わせた材料を採用しなければいけません。
    このようなパターンには、これらの材料が適しています。

    ・水回りには水回りに適した材料
    トイレやキッチン等水回りには、水に強い材料を選択しなければいけません。
    水回りは材料選びに失敗してしまうと、
    材料の劣化が激しく進み下地にも大きな影響を
    与えてしまいますので、大変重要なポイントとなります。

    ・臭いが発生する空間には防臭効果の材料
    トイレや玄関等、独特の臭いが発生してしまう空間には、
    防臭効果の内装材を採用する事が大事となります。
    ビニールクロスには防臭効果がある物もございますので、
    そちらを採用すると安価で防臭効果を発揮させる事に繋げる事が出来ます。

    ・使われる方の特性に合わせて選ぶ材料
    子供部屋やペットが行きする使い勝手が激しいお部屋には、
    傷が付きにくいフローリングやビニールクロスなど、素材が強い材料が必要となります。
    また、お年寄りには、足に余計な負担をかけにくいやわらかい材料が適しています。
    このように、使われる方に合わせた材料を選ぶ事で、
    リフォーム後過ごしやすい空間とする事が出来ます。

内装リフォームの材料選びの際は、選んだ材料は
そのお部屋の特性に合っている材料なのか、
きちんと見直して選ぶようにしましょう。